Go to Rail Europe corporate site

2018年第8号(08月30日発行 通巻 第174号)
発行:Rail Europe Japan

RAIL EUROPE JAPAN MAIL MAGAZINE 2018/8

タイトルイメージ

レイルヨーロッパ ジャパンから、月に1度、各種お得なキャンペーン情報をはじめ、鉄道最新情報、鉄道を使った旅のプランなどをお届けします。

今月のキャンペーン

ビバ イタリアキャンペーン
ユーレイル イタリアパス最大20%割引き

レイルヨーロッパでは8月31日まで、イタリア旅行を応援する「ビバ イタリア! ユーレイル イタリアパスキャンペーン」を実施中。キャンペーン期間中におトクにユーレイル イタリアパスが最大20%割引きです。ご利用は発券から11カ月以内にパスを使用開始すればよいので、夏はもちろん、秋から冬、来年の春のイタリア旅行でもご利用いただけます。詳細はレイルヨーロッパ公式ウェブサイトで。<画像=イタリア・ヴェローナ©Leonid Andronov/iStock>

写真imgAugust18101


1人分で2人楽しもう! フランス-スペイン高速列車

レイルヨーロッパでは2018年9月14日まで、フランス-スペイン高速列車のチケット1人分の料金で2人乗車できるキャンペーンを実施しています。国際路線のみが対象で、出発地と目的地、乗車日時が同じで、同時に2人分のチケットを予約、購入した場合に当キャンペーンが適用されます。キャンペーンで購入したチケットは、2018年9月1日~2019年1月7日の間の乗車にご利用いただけます。その他のキャンペーンご利用条件などの詳細は、レイルヨーロッパ公式ウェブサイトをご確認ください。<写真=ゆったりとした1等席©NoriM>

写真imgAugust18102


アウトレットのフィデンツァ・ヴィレッジでVIPショッピング!
ミラノから列車でわずか1時間

レイルヨーロッパでは、ミラノまたはフィデンツァ発着の鉄道チケットを購入いただいたお客様を対象に、2018年12月28日まで、アウトレットショッピングの「フィデンツァ・ヴィレッジ」でのVIPショッピング特典を提供しています。アウトレット価格からさらに10%割引きになるVIPカードやウェルカムドリンク、レストランで利用できるバウチャー(€10)などをプレゼント! 同アウトレットには120軒以上のショップがあり、ミラノやボローニャから約1時間でアクセスできます。詳しくは、公式サイトをご覧ください。<写真=フレッチャビアンカ1等©Archivo ferrovie dello Stato Italiane>

写真imgAugust18103


パリ郊外のラ・ヴァレ・ヴィラージュでVIPショッピング!

レイルヨーロッパでは、パリを含むフランスの鉄道チケット類を購入いただいたお客様を対象に、2018年12月31日まで、パリ郊外のアウトレットショッピングの「ラ・ヴァレ・ヴィラージュ」(=写真)でのVIPショッピング特典を提供しています。アウトレット価格からさらに10%割引きになるVIPカードやハンズフリーショッピングサービスを提供。ラ・ヴァレ・ヴィラージュは、パリから約40分、ディズニーパークからわずか5分でアクセスできるアウトレットで、110軒以上のブティックが軒を連ねます。

写真imgAugust18104


豪華賞品も当たる! ブックレットをプレゼント
スイストラベルパス購入者対象

スイスの絶景が楽しめるGrand Train Tour of Switzerlandのルート沿いを鉄道で旅しませんか? 旅をしながらスタンプラリーを楽しみ、お得なクーポンを利用! さらにスイス旅行や有名スイスブランドの豪華賞品が当たるキャンペーンにお申込みください。締め切りは2018年12月31日まで。
スイストラベルパスご購入のお客様全員にプレゼント中の「myTravel Stamp Booklet 2018」には、スイス国内で使えるクーポンが付いているほか、スタンプラリーの台紙にもなっていて、Grand Train Tour of Switzerlandのルート沿いにある9都市の駅に設置されているスタンプを「myTravel Stamp Booklet」に押して、旅の記念にどうぞ! キャンペーンの応募や絶景ルート、スタンプラリーなどについては、公式サイトをご覧ください。Grand Train Tour of Switzerlandでは、全長1280kmにおよぶスイスの絶景を楽しめる鉄道ルートを提案しています。<画像=ラインの滝 シャフハウゼン©Milosz Maslanka/Shutterstock>


写真imgAugust18105



今月のニュース

レイルヨーロッパジャパン、ツーリズムEXPOジャパンに出展

レイルヨーロッパは9月22、23日の両日、東京ビッグサイトで開催される世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」にブース出展します! レイルヨーロッパはJATAアウトバウンド促進協議会(S-08)の中に独立ブースを設置。プレゼントが当たるアンケートを実施するほか、ヨーロッパ鉄道に関する各種パンフレットを取り揃え、現地の最新情報をお届けします。ぜひレイルヨーロッパのブースにお立ち寄りください。お待ちしています!!
ツーリズムEXPOジャパンは毎年開催される旅の総合観光イベントで、世界130カ国以上の国・地域、日本全国の観光地が集まります。<写真=イメージ(タリス©Thalys)>


写真imgAugust18201


スイス登山鉄道、座席予約可能な列車が増えています

スイスの名峰への登頂で利用する登山鉄道ですが、このところ、座席指定可能な登山鉄道会社が増えています。現在、シュタンザーホルン、シルトホルン、ゴルナーグラート、ユングフラウヨッホなどで座席指定が可能です。限られた滞在日数の中で、乗車のための待ち時間で、滞在時間を無駄にすることがありません。スムーズにスイス名峰を訪ねるには、座席指定がおすすめです。<写真=ゴルナーグラート鉄道©emicristea/iStock>

写真imgAugust18202


ロンドンノースイースタン鉄道、イーストコースト本線の運営へ

運行会社が変更となっても、全ての鉄道チケットあるいは鉄道パスは従来通りご利用いただけます。時刻表や列車の所要時間等についての変更もありません。車内サービス等についても従来通りで、運行会社変更による乗客への影響はありません。詳しくは、ヨーロッパ鉄道商品取り扱い旅行代理店、またはレイルエキスパート認定者が勤務する旅行代理店でお問合せください。<写真=ロンドン・キングスクロス駅©Gordon Bell>

写真imgAugust18203


夜行列車ルシタニア、払い戻し条件変更

スペイン・マドリッドとポルトガル・リスボンを結ぶ夜行列車ルシタニアの払い戻し条件が変更されました。払い戻しが認められた場合、90%が払い戻しされます(従来は85%でした)。ルシタニアは、マドリッド・チャマルティン駅~リスボン・オリエンテ駅間を所要約9時間30分で結びます。寝台/座席クラスは、1等(グランクラスとプリファレンテ)、2等(=クシェット、T4)、リクライニングシートに分かれています。<写真=リスボンの街角©Marcin Krzyzak/Shutterstock>

写真imgAugust18204


ユーロスター、ブリュッセル~アムステルダム線の予約期間

高速列車ユーロスターのブリュッセル~アムステルダム間の事前予約は4カ月前からとなります。ロンドンやパリ、ブリュッセルを結ぶその他区間の予約は180日前で、ブリュッセル~アムステルダム間のみ4カ月前からの事前予約となります。

写真imgAugust18205


スイストラベルガイド、アプリが人気!

スイストラベルシステム(STS)は、スイスの公共交通機関(鉄道、バス、湖船)を使って旅するのに便利なスイストラベルガイドのアプリ(英語版のみ)を提供しています。アプリをダウンロードすると、スイス連邦鉄道(SBB)の時刻表、スイス旅行の500以上もの見所を提供。食や交通機関マップ、おすすめの訪問都市や町、登山列車情報、割引きクーポンなどもご利用いただけます。もちろん、スイストラベルパスの重要な情報や特典など、鉄道パスを最大限に利用するための各種ヒントも盛りだくさんです。<写真=SBBの列車©NoriM>

写真imgAugust18206


STSラゲージサービスを一覧にしました!

スイス旅行の際、スーツケースを気にすることなく、列車に乗ったり、ホテルへと移動したりできたらいいなと思いませんか? スイストラベルシステムが提供するラゲージサービスは、スイス旅行の強い味方! 2018年6月以降、そのサービス内容にいくつかの変更が加えられました。そこで、レイルヨーロッパジャパンでは、サービス内容をリスト「STSラゲージサービス2018」にまとめました。スイス旅行の参考にしてください!<写真=駅にあるSBB窓口©NoriM>

写真imgAugust18207


『とっておきのスイス旅』(BS12)、8月19日から放送中

BS12チャンネルで特別番組『とっておきのスイス旅』が8月19日~10月21日の間、毎週日曜(19:55~20:00)に放送中! この6月に撮影したスイスの大自然や町や村、地元で人気のスポット、アクティビティ、さらに世界遺産に登録されている地域も紹介。始まりはチューリヒ。ベルニナ エクスプレス、氷河特急(グレッシャー・エクスプレス)、マッターホルンのハイキングや世界遺産の町ベルンの街歩き、ユングフラウヨッホ、レマン湖地方まで、人気の高いスイス各地を網羅しています。<写真=サンモリッツ©michelangeloop/Shutterstock>

写真imgAugust18208



読者プレゼント
写真imgAugust18014

今月の読者プレゼント!

毎号、読者プレゼントにたくさんのご応募をいただき、ありがとうございます! 今月のプレゼントは、レイルヨーロッパロゴ入りの「ライト付き目覚まし時計」です。コンパクトなので、旅行にも持っていけます。これで列車に乗り遅れることもない!? この目覚まし時計を抽選で5名様にプレゼント! 今月号の質問は、「ヨーロッパの鉄道旅行」と聞いて何を連想しますか? ぱっと思い浮かぶ光景やイメージなどを教えてください。
質問の答えをご記入の上、お名前とご住所を記して、2018年9月9日(日曜23:59)までに下記宛てにご応募ください。お待ちしています!
  
応募先: news.desk1@raileurope.jp
*当選者の発表は、商品の発送をもってかえさせていただきます。


写真でみる鉄道のある風景

写真imgAugust18041
写真imgAugust18042
写真imgAugust18043
写真imgAugust18044

ミニレポ(9)ロッテルダム中央駅構内

オランダ・アムステルダムに次ぐ都市ロッテルダムの中央駅です。ベルギーやドイツなど隣国を結ぶタリスやユーロスター、ICEなどの国際路線の高速列車が停車します。駅を出て目の前に路面電車専用の駅があります。また、ロッテルダム中央駅からは、19基もの風車が並ぶキンデルダイクの風車群(世界遺産登録)へ行くにも便利。行き方は駅にある観光案内所で親切に教えてくれます。


1)ロッテルダム中央駅のホーム©NoriM
2)改札口。丸く白い部分にチケットや鉄道パスに印刷されているQRコードをタッチして、入出場します。改札の手前、右側にはHEMAショップがあります。改札を出ると、すぐ目に付くところに観光案内所、左へと進めば駅窓口(サービスカウンターなど)、右の方へと行けば、スターバックスがあります。©NoriM
3)オランダ鉄道(NS)のインターナショナルラウンジ。高速列車タリスやユーロスター、ICEなどの国際路線1等チケット所持者は利用できます。ラウンジ内ではドリンク類が無料です。©NoriM
4)写真の正面奥に改札口。右側に見えるのが観光案内所です。©NoriM


ヨーロッパの鉄道や街を紹介する旅番組

ヨーロッパの旅の魅力を紹介するテレビ番組をご紹介します。
世界ふれあい街歩き」(NHKBSプレミアム、火曜20:00~)、「世界の車窓から」(テレビ朝日、月・火曜23:10~)、「世界の窓」(BS-TBS、金曜22:54~)、「地球絶景紀行」(BS-TBS、水曜21:00~)、「世界一周魅惑の鉄道紀行」(BS-TBS、月曜20:00~)、「世界の街道をゆく」(テレビ朝日、月~金曜20:54~)、「世界水紀行」(BS日テレ、日曜18:00~)、「小さな村の物語 イタリア」(BS日テレ、土曜18:00~/再放送日曜10:00~、火曜20:00~)、「THE世界遺産」(TBS、日曜18:00~)、「大人のヨーロッパ街歩き アンコール」(BS日テレ、毎週火~木曜23:00~)「2度目の旅シリーズ」(NHKBSプレミアム、火曜22:00~/最終週除く、再放送は火曜8:00~)「岩合光明の世界ネコ歩き」(NHKBSプレミアム、金曜22:00~)「カントリードリーム~ヨーロッパ憧れの田舎暮らし~」(BS日テレ、毎週日曜23:30~)<イメージ写真=<写真=ルクセンブルク鉄道、夕陽が美しいニースのビーチ©fishman64/Shutterstock>


旅のヒント
レイルヨーロッパがおすすめする鉄道の旅プラン (Vol.113)

ウィーンとブダペストを起点に旅する中欧の古都
ワインと芸術と世界遺産を訪ねて

REJ メールマガジン編集部

秋のオーストリア・ウィーンとハンガリー・ブダペストに滞在し、日帰りでそれぞれの都市から古都を列車で訪ねる日帰り旅行を満喫。ワインと芸術と世界遺産を楽しむ旅のプランです。ウィーンからはシュタイヤーへ、ブダペストからはエゲルを訪れます。ウィーン~ブダペスト間の移動は高速列車レイルジェットで。この8月にこれら2都市を訪れた、レイルヨーロッパジャパンのスタッフからの現地情報やレイルジェット乗車ミニレポもあわせてご覧ください!
写真imgAugust18008
ウィーン中央駅に停車中のレイルジェット©ÖBB-Philipp Horak
旅程

スケジュール 宿泊先
1日目 日本からヨーロッパの都市を経由してオーストリア・ウィーン国際空港へ。 着後、 ホテルへ。 ウィーン泊
2日目 終日、 ウィーン市内散策。 ウィーン歴史地区、 シェーンブルン宮殿など。 ウィーン泊
3日目 朝食後、 ウィーン中央駅からRJ(レイルジェット)とSバーンを乗り継いでシュタイヤーへ(所要時間約1時間50分)。 着後、 旧市街を散策。 ウィーン泊
4日目 朝食後、 ウィーン中央駅からRJ(レイルジェット)に乗ってブダペスト東駅へ(約2時間37分)。 着後、 王宮のある西岸ブダ地区散策へ。 ブダペスト泊
5日目 朝食後、 ブダペストからICで高原の町エゲルへ(約1時間50分)。 旧市街を散策。 大聖堂やトルコ支配時代のミナレットのほか、 エゲル城、 ドボ・イシュトバーン広場を中心に街歩き。 ミニ・トレインに乗ってワインの産地「美女の谷」へ。 エゲルのワインの試飲など。 ブダペスト泊
6日目 出発まで、 ブダペスト市内散策。 リスト・フェレンツ国際空港から帰国の途へ。 機中泊
7日目 日本到着 ---

旅のポイント

旅行プランの概要とコンセプト

ウィーン中央駅をフル活用

ウィーン国際空港からウィーン市内へは、Sバーンで所要約20分。ウィーン市内は、地下鉄やトラムなどを利用して町歩き。世界遺産にも登録されるウィーン歴史地区を散策し、美術館を巡ったり、音楽家ゆかりの地を訪ねたり、ザッハトルテで知られたホテル・ザッハのカフェ、デメルのカフェなどウィーンのカフェ文化も楽しみたいところ。さらにシェーンブルン宮殿やベルヴェデーレ宮殿など、見所は尽きません。ウィーンの町の見所や定番スポット、主要駅情報やそれら駅の位置関係、ウィーンから隣国の人気の高い都市を結ぶ鉄道路線とその所要時間、駅や列車を利用した人からのクチコミ情報などを網羅した弊社公式サイトのシティガイド「ウィーン」で画像とともに紹介しています。
ウィーン中央駅はウィーンはもちろん、オーストリアの鉄道のハブです。レイルジェットやユーロシティ、夜行列車など、国際路線、長距離路線が同中央駅を発着します。ウィーン国際空港からウィーン中央駅の間は直通の列車で結ばれていますので、地方へと行く際にも便利。もちろん、Sバーンや地下鉄も乗り入れているターミナル駅となっています。また、中央駅の地下には大型スーパーIntersparがあり、ワインはもちろん、ホテルで食べるスナックやお土産調達など、使い勝手がとてもいいです。

古都シュタイヤーへも快適RJで
ウィーン~ブダペスト間、RJで約2時間37分

3日目は、中世の面影が残る町シュタイヤーへ日帰り旅行です。ウィーン中央駅からレイルジェット(RJ)と普通列車に乗って、約1時間50分でシュタイヤー駅に到着です。途中、セント・ヴァレンティン駅で普通列車に乗り換えます。シュタイヤーは、シュタイヤー川とエンス川の合流地点にある町で、音楽家シューベルトが休暇で訪れ、ピアノ五重奏「マス」を作曲した町としても知られています。エンス川沿いに並ぶ古い町並みに目を奪われます。川を渡って旧市街の中心、シュタットプラッツ広場へ行きましょう。ゴシック建築のブンメルハウス、ロココ様式の優雅な市庁舎、ランベルク城など、絵のように印象的な建物が並びます。
翌日は、ウィーン中央駅から高速列車レイルジェットに乗ってブダペスト東駅へは所要約2時間37分で到着します。オーストリア連邦鉄道(ÖBB)が運行するレイルジェットは、ウィーン~ブダペスト間をはじめ、ウィーン~スイス・チューリヒやドイツ・ミュンヘンを最高速度230kmで結びます。座席はプレミアムクラス、ファーストクラス、エコノミークラスがあり、車内には電源ソケットとともにWifi環境を整えています。連結するビュフェ車両ではさまざまな食事やドリンクメニューを提供しています。プレミアムクラスとファーストクラスの乗客は、ウィーン中央駅のOBBラウンジを利用できます。
ちなみに、ウィーン~ブダペスト間は、高速列車レイルジェットだけではなく、EC(ユーロシティ)でも結ばれています。ただ、せっかくなので、車内設備も充実のレイルジェットをこのプランでは利用しました。

ワインと古都を楽しむエゲルへ
ブダペストからはICで約1時間

首都ブダペストは、ハプスブルク家統治時代に皇妃エリザベートが愛した町です。くさり橋やブダ王宮など見どころはたくさんあります。エリザベート縁の場所も多く、たとえば、ヴァーツィ通りにある「ジェルボー」は、皇妃エリザベートお忍びで出かけた老舗カフェです。博物館や美術館も充実です。ブダペストの町の見所などの定番スポット、主要駅情報やそれら駅の位置関係、ブダペストから隣国の人気の高い都市を結ぶ鉄道路線とその所要時間、駅や列車を利用した人からのクチコミ情報などを網羅した弊社公式サイトのシティガイド「ブダペスト」で画像とともに紹介しています。
5日目は、朝から、近郊のエゲルへ。ブダペスト東駅からIC(インターシティ)と普通列車を乗り継いでエゲル駅へは所要約1時間50分です。フゼシュアボニ駅で乗り換えが必要です。エゲルの見所は旧市街に集中しています。エゲル駅から北へと歩き、大聖堂が見えたら、その辺りが旧市街です。大聖堂から北西へと10分足らずでドボー・イシュトヴァーン広場に到着。この広場からミニトレインに乗って「美女の谷」へ。エゲルの小さなワインセラーが数十軒並び、試飲はもちろん、お得な値段でエゲルのワインを販売しています。 レストランも多く、ワインを飲みながらここでランチするのもいいかも。ワインを複数購入しようと思っている場合は、先に観光を。
ドボー・イシュトヴァーン広場の周辺に市庁舎や聖フランシスコ派修道士教会があります。さらに進み丘へと上るとエゲル城塞跡があり、ここから町が一望に。オスマン帝国時代の名残りとも言えるミナレットなども。
ブダペスト市内からリスト・フェレンツ国際空港へは地下鉄や市バスなどでアクセスできます。

編集部からヒトコト

REJスタッフのミニレポートです!

レイルヨーロッパジャパンのTwitterやInstagram、Facebookをフォローいただいている方はご存知かと思いますが、8月13~17日はレイルヨーロッパジャパンのスタッフがウィーン&ブタペストからSNSの更新を行いました。
ブタペストに向かうレイルジェット(RJ)は早朝の便でしたが、座席は半数以上埋まっていました。Wifiと電源完備の快適な列車に乗ること約2時間半、到着したブタペスト東駅は近代的なウィーン中央駅とは異なり、一気に東欧のどこか懐かしい雰囲気を感じます。
ブタペスト市内では24時間有効の交通カードを利用しました。4つの路線がある地下鉄も分かりやすく、乗車方法も他のヨーロッパの地下鉄と大きな違いはありません。
ウィーンへの帰りの列車はEC(ユーロシティ)を利用し、こちらもほぼ満席でした。ブタペストを観光した後の夜の便で、確実に座りたい場合は座席予約をおすすめします。またオーストリア連邦鉄道(ÖBB)ではモバイル端末にダウンロードした列車のチケットが利用できますが、ハンガリー鉄道では利用できないので、国境を超える列車に乗車する際は紙への印刷をお忘れなく。
写真imgAugust18051
ザッハトルテとコーヒーで一休み(ホテル・ザッハのカフェで)©NoriM
写真imgAugust18052
レイルジェット1等©ÖBB-Harald Eisenberger
写真imgAugust18053
レイルジェットのビュフェ車両で©NoriM
写真imgAugust18054
軽食やドリンクなどが楽しめます(ビュフェ車両)©NoriM
写真imgAugust18055
ブダペスト東駅©RMIKKA
写真imgAugust18056
街を一望にする漁夫の砦(ブダペスト)©Noppasin-Shutterstock
ここで明記している乗車時間や乗換駅は、季節や曜日、発車時刻などによって異なる場合があります。
乗車される際は実際に時刻表でご確認ください。

鉄道パス&チケット
  • > ユーレイル オーストリア-ハンガリーパス(2カ月の有効期間内に通用日4日間):Sバーン(ウィーン国際空港駅 ⇒ ウィーン・ミッテ駅<1日目>)、レイルジェット&Sバーン(ウィーン中央駅 ⇔ シュタイヤー駅<3日目>)、レイルジェット(ウィーン中央駅 ⇒ ブダペスト東駅<4日目>)、IC&普通列車(ブダペスト東駅 ⇔ エゲル駅<5日目>)
  • > 鉄道パス所持者がレイルジェット(プレミアムクラス)に乗車の際には、別途、お得なパスホルダー料金にて座席指定券を購入する必要があります。
Tips
  • > ここに記載する列車や船、バスなどのスケジュールは時期などによって異なる場合があります。必ず事前にご確認ください。
  • > 目的駅に到着したら、復路の列車の時刻表を必ず確認してから観光へとお出かけください。不慣れな駅構内では目的とする場所に辿りつくのに多少時間を要することも考えられますので、時間に余裕を持って駅に到着するようにしてください。
  • > 列車、またはバスにご乗車の際には、時刻表を確認し、遅延なども考えられますので、余裕をもって行動するようにしてください。また、余裕ある乗り継ぎ時間を確保することをおすすめします。
旅のアイデア

ヨーロッパ主要政府観光局リスト

ご案内
レイルヨーロッパと提携旅行会社の紹介
レイルヨーロッパは、世界各地でヨーロッパ鉄道を販売、プロモーションを行っています。日本おいては、現在、大手旅行会社やランドオペレーター(旅行の現地手配会社)など5社と総代理店契約を結び、活動しています。
レイルヨーロッパの販売する鉄道商品についての一般旅行者様からのお問い合わせ・お申し込みは、ヨーロッパ鉄道商品取り扱い旅行代理店までお願いいたします。