スイスワイン

複雑な気候と地形のおかげで豊かな多様性を誇るスイスのワイン。スイスワインは、一定の品質を保つため国や地方の管理のもと葡萄の生産量が制限されているので、ほとんど海外に輸出されません。輸出量は国内生産量のわずか1%ほど。だからこそ旅行中にはぜひ地元のレストランやワイナリーに立ち寄ってみましょう。

ラヴォー地区(ワイン産地)

中世の頃からつづくワイン産地。世界遺産にも登録されています。

ローザンヌからモントルーまでのびるワイン産地。レマン湖からせりあがっていく丘陵に葡萄畑が連なる美しい情景は美しく、世界遺産にも登録されています。オススメは葡萄畑の間を縫うようにつくられた道を歩くハイキング。中世の頃から葡萄作りの農家が暮らすかわいい村を訪ねてみましょう。

行き方

スイス国鉄に乗車→ローザンヌ/モントルー駅で下車
ゴールデンパス・ラインに乗車→モントルー駅で下車

ラヴォー・ヴィノラマ(スイスワイン ビジターセンター)

貴重なスイスワインのテイスティングや購入ができるワインセンター。

ラヴォー地区の小さな村リヴァにあるスイスワインのビジターセンター「ラヴォー・ヴィノラマ」。葡萄農家の1年を通してラヴォー地区の魅力を伝える特別映像の上映や、8つのアペラシオン(産地銘柄・ブランド)からラヴォー地区が誇る高品質な300種類以上のワインのティスティングや購入もできます。

行き方

スイス国鉄に乗車→リヴァ駅で下車